大阪梅田でインビザライン:マウスピース矯正の治療の流れ

インビザラインについて

他の矯正とマウスピース矯正(インビザライン)がどう違うのか? 特徴や治療、お手入れの方法などをご紹介します。

マウスピース矯正の治療の流れ

マウスピース矯正のおおまかな治療の流れです。
患者様のお口の状態や装置の種類によっては、ステップが変わる場合がございます。

  • 治療の流れ 1. ご来院・無料相談

    1. ご来院・無料相談

    まずは、お電話またはご予約フォームからご予約のうえ、インビザライン無料相談にお越しください。
    無料相談は土日も受け付けております。
    ご予約フォームはこちら ▶

  • 治療の流れ 2. 歯列・顔貌チェック

    2. 歯列・顔貌チェック

    歯並びやお顔の状態をチェックします。
    上下左右からの写真と、笑った顔の写真もお撮りして、
    どういう状況なのか・どのように見えているのかを確認して記録していきます。

  • 治療の流れ 3. 3Dシミュレーション

    3. 3Dシミュレーション

    治療スタートから完了まで、歯がどのように動いて治っていくかの様子を3D映像でシミュレーションします。
    患者様にもお見せしながら治療計画のご説明をいたしますので、
    よりご安心・ご納得いただいたうえで治療を開始できます。

  • 治療の流れ 4. マウスピース(アライナー)作成

    4. マウスピース(アライナー)作製

    2週間ほどかけてドクターが診断およびデータを作成し、インビザライン製造元のアラインテクノロジー社に発注します。双方向にすり合わせを行い、ドクターが最終承認したうえで、患者様のマウスピース(アライナー)が作製されます。

  • 治療の流れ 5. マウスピース完成/装着

    5. マウスピース完成/装着

    出来上がったマウスピースを期間に分けて、ドクターの指示のもと交換していき、矯正治療を進めます。
    通常は2週間毎に新しいマウスピースに交換しながら、徐々に歯を移動させていきます。

  • 治療の流れ 6. 矯正治療完了 ─ 保定期間へ

    6. 矯正治療完了 ─ 保定期間へ

    すべてのマウスピースを着け終わるころには、理想の歯並びを手に入れているはずです!!
    もう少し調整したい場合なども別途追加料金で承ります。
    その後は歯の後戻りを防ぐための保定期間へと移行します。

マウスピースのお手入れについて

インビザライン イメージ

お手入れの大切さ

マウスピースも、従来の矯正装置と同じように、治療中のケアや自己管理がとても大切です。

装着や交換を怠ったりしないことはもちろん、お口の中に入れるものですので、きちんとお手入れをして清潔に保つようにしましょう。

お手入れ方法

●マウスピースの洗い方

マウスピースの洗い方イメージ

メーカーにもよりますが、マウスピースの洗浄は、基本的には歯磨きと同じように歯ブラシと歯磨き粉を使います。

外側・内側とも力を入れすぎず、優しくゆっくりと磨き、十分にすすいでください。力を入れすぎると変形や破損の原因となります。

●専用のクリーニング剤

マウスピースキットイメージ

メーカーによっては、より清潔に洗浄できる専用のクリーニング剤をご用意していることもございます。

販売や価格、使用方法については、お気軽にクリニックまでご相談ください。

●食事の時は外していいの?

食事イメージ

マウスピースを装着したまま飲食をすると、糖分や食べかすなどが付着し虫歯や歯周病の原因となります。また熱いものを食べてマウスピースが変形・破損したり、ワインやコーヒーで色素が沈着してしまったりすることもあります。

食事の際にはマウスピースは外すように心がけましょう。

●保管方法

保管方法イメージ

マウスピースを外して保管する場合は、専用のケースに入れましょう。

ケースに入れずに放置しておくと、ホコリを被ったり汚れたりして不衛生になります。汚いマウスピースをお口に入れたくはありませんよね。また、誤って落としたり踏んだりすると、破損や変形の原因にもつながります。

●治療後に元に戻らないように

後戻りイメージ

治療後に油断してきちんとしたケアを怠ると、矯正した歯列が元に戻ってしまう恐れもあります。

そういった後戻りを起こさないために、医師の指導のもと治療後もきちんとケアを続けてください。