大阪梅田でインビザライン:マウスピース矯正の特徴
  1. Home
  2. インビザラインについて
  3. マウスピース矯正の特徴

大阪梅田でインビザラインマウスピース矯正の特徴とインビザライン

他の矯正とマウスピース矯正(インビザライン)がどう違うのか? 特徴や治療、お手入れの方法などをご紹介します。

マウスピース矯正の特徴

マウスピース矯正ってどんなもの?

マウスピース矯正は、透明に近い「アライナー」と呼ばれるマウスピース型の矯正装置を歯に装着して、歯並びを整えていく矯正方法です。
アライナーは取り外しでき、治療の段階に合わせて新しい装置に順番に交換しながら、徐々に歯の位置をコントロールしていきます。

マウスピース矯正の4つの特徴

矯正装置が目立つと、人目が気になってつい引っ込み思案になったり、気分的にも落ち込んでしまったりしがちです。その点マウスピース矯正には、ワイヤー矯正にはないメリットがたくさんございます。
矯正治療中でも気兼ねなくアクティブな生活を楽しんでください。

1. 目立たないから矯正中でも笑顔に!

特徴 1.目立たないから矯正中でも笑顔に!

マウスピース矯正の一番のメリットは、装置が目立たないことです。

薄くて透明に近いマウスピースを使用するので、装着していてもほとんど分からず、周囲にも気づかれにくくなります。人と接する機会が多い方などでも、安心して治療を行っていただけます。

2. 取り外しできて衛生的

特徴 2.取り外しできて衛生的

ワイヤー矯正と違い、食事や歯磨きの際には患者さまご自身の手で取り外しができるので、装置に食べ物が詰まる心配もなく、歯のお手入れも普段通りに行えます。

治療中でも美味しく食事がしたい、歯を清潔に保ちたいといった方にもオススメです。

3. 痛みや不快感が少なく快適

特徴 3.痛みや不快感が少なく快適

ワイヤー矯正では、装置がお口の粘膜などに当たり口内炎になる恐れがありますが、マウスピース装置は柔軟性のあるプラスチック素材なので、唇や口内を傷つける心配がありません。

また、段階的に歯を動かしながら矯正するため、比較的痛みも少なくすみます。

4. 金属アレルギーの心配なし

特徴 4.金属アレルギーの心配なし

ワイヤー矯正で用いる器具には金属を含んだものが多いため、金属アレルギーをお持ちの方は矯正治療ができないといった場合もございます。

マウスピース矯正でしたら、医療用プラスチック製の装置を用いますので、安心して治療していただけます。

インビザライン® システム

インビザライン イメージ

●最新の歯科矯正治療システム

インビザライン® システムは、最新の歯科矯正理論と、米国アライン・テクノロジー社独自の3次元画像化技術やCAD/CAM(光造形)等の最先端技術を融合させた、新しいアプローチのマウスピース矯正治療システムです。

2019年1月現在、世界100カ国以上、累計640万人を超える治療実績のある、海外では主流の施術方法です。

インビザライン イメージ

●歯の動きを3Dシミュレーション

「クリンチェック® ソフトウェア」と呼ばれる独自の3D(3次元)治療計画ソフトウェアを使用し、治療完了までの総合的な治療計画の立案・検討を行います。

治療スタートから完了まで、歯がどのように動いていくかをシミュレーションし、患者様ご自身の目で確認していただけます。

プラチナプロバイダーイメージ
インビザライン認定グラフ

インビザラインプラチナ認定について

インビザラインで矯正治療を行うドクターには、世界共通のランク認定制度が設けられています。当院は、国内でも数少ない「プラチナ」プロバイダーに認定されています。

この認定制度は、治療実績に対して、アライン・テクノロジー社が1年毎に決定するインビザライン実績評価です。「~プロバイダー」が実績ランクの名前です。

ブロンズ・プロバイダー:1~10症例
シルバー・プロバイダー:11~20症例
ゴールド・プロバイダー:21~50症例
プラチナ・プロバイダー:51~80症例

治療年齢や期間について

治療年齢 イメージ

●何歳から何歳まで治療できるの?

厚生労働省の調査によると、19歳以下の方が70%、20歳を超えてから治療された方が30%。成人してからの患者様の割合は20代~40代が約8割、50代~70代が2割強となっています。

患者様のお口の状態により変わりますが、幅広い年代の方が矯正治療を受けておられます。

治療期間 イメージ

●治療期間はどのくらいかかるの?

患者様のお口の状態や治療計画により異なりますが、マウスピース矯正でも従来のワイヤー矯正と治療期間はあまり変わりません。

平均的な治療期間は1~2年ほどといわれます。ケースにより数ヵ月で終わることもあれば、複雑な症例だと2年以上かかることもあります。

マウスピース矯正と従来の矯正の比較

マウスピース矯正 従来の一般矯正
治療方法 マウスピース矯正

透明で取り外せるアライナー(マウスピース)を使用します。ワイヤーは使いません。

従来の一般矯正

ワイヤーとブラケットを用いた、固定式の矯正装置を使用します。

目立たない マウスピース矯正

アライナーは透明な医療用プラスチック製なので、装着していても目立ちません。

従来の一般矯正

歯に装置を固定するため、目立つ場合があります。

取り外し可能 マウスピース矯正

アライナーはマウスピース式で、簡単に取り外すことができます。

従来の一般矯正

治療が完了するまで、矯正器具は取り外すことができません。

金属アレルギーの影響 マウスピース矯正

アライナーは金属を使用しないため、金属アレルギーの心配がありません。

従来の一般矯正

固定された金属製のブラケットやワイヤーによる、口腔内への影響があります。

治療中の歯のお手入れ マウスピース矯正

アライナーを取り外して、普段どおりの歯のお手入れができます。

従来の一般矯正

矯正装置が歯に固定されているため、歯や歯肉のお手入れが難しくなります。

治療の明確さと実感度 マウスピース矯正

段階的にアライナーを交換することで、矯正治療の進行度合いを確認できます。

従来の一般矯正

装置が固定されているので、治療の進行度合いを確認しづらい場合がございます。

インビザライン・システムのデメリット

たくさんのメリットがあるマウスピース矯正にも、いくつかのデメリットがあります。治療前に、メリットとあわせてデメリットも知っておきましょう。

●取り外せるからこその注意点

つい億劫になって、長い間マウスピースをつけないままでいると、マウスピースが入らなくなってしまって作り直しになり、追加料金が発生したり、治療期間も長くなってしまったりします。矯正期間中はしっかりとマウスピースの着用をお願いします。
また、食事の際にはずして飲食店に置き忘れたり、なくしたりといったことも起きがちですので、取り外しの際はご注意ください。

●お手入れが必要

マウスピースもお口の中に入れるものですので、きちんとお手入れをして清潔に保つことが大切です。
お手入れについて詳しくはこちら ▶

●アタッチメントについて

マウスピースを歯にしっかりと固定して、歯を動かすための圧力をしっかりとかけるために、アタッチメントと呼ばれる白い突起物様のものを歯に直接接着することがございます。
歯とほぼ同色の樹脂でできていますが、目立つ場合もございます。付ける場所や数はご相談させていただきながら、できるだけアタッチメントが目立たないように治療計画を作成いたします。

最先端の精密スキャン「iTero」を導入!

当院では、インビザラインのマウスピース作成のための歯型を、最新の3Dスキャナー「iTero」で採取します。

iTero イメージ

●精密で素早く、苦しくない歯型スキャン

従来の方法だと、お口の中にトレーやシリコンを入れて歯型をとっていたため、時間もかかり、途中で気持ちが悪くなる方もおられました。

でも「iTero」なら患者様への負担も少なく、短時間で正確な歯型の3Dデータをとることができます。当院では、熟練のドクターがこの最新鋭の機器を使い、より効果的な治療を行っています。

「 iTero 」のメリット

日本ではまだ一部の専門的な矯正歯科などでしか導入されていませんが、その多くのメリットから、世界的にはデジタルでのスキャニングがスタンダードな手法となっています。どんな利点があるのでしょうか?

1. 気持ち悪くなりにくい

メリット 1.気持ち悪くなりにくい

お口の中に数分間トレーやシリコンを入れて歯型をとる方法だと、嘔吐反射の強い方(えずきやすい方)は苦しい思いをされることもありました。

iTeroでは特殊な光を歯に当てるだけでデータをとれますので、そのような方でもより快適に歯型をとることができます。

2. 精密で正確な歯型がつくれる

メリット 2.精密な歯型がつくれる

最新鋭のデジタルスキャニング技術により、1秒間に約6000枚の画像を撮影し、より精密な歯型の3Dデータをとることができます。

それによりマウスピースの精度も上がり、シリコンの歯型での治療に比べて、さらに効果の高い矯正治療を行うことができます。

3. 歯型の採取に時間がかからない

メリット 3.歯型の採取に時間がかからない

iTeroでは、お口に入れるトレーのサイズを合わせたり、シリコンが固まるまで数分間待ったりする必要がありませんので、短時間で歯型のデータをとることができます。

上下顎をすべて行っても、およそ1分程度でデータの採取が終わるという早さです。

4. 治療の開始が早くなる

メリット 4.治療の開始が早くなる

シリコンで歯型をとった場合、海外の製作施設まで空輸することになるので、できあがったマウスピースが届くまで1か月程度かかっていました。

しかしiTeroは歯型データをインターネットで即座に送信できるので時間を短縮でき、1~2週間ほど早く治療をスタートさせることができます。

長年の経験を積んだドクターだからこそ、緻密なデータを活かすことができる

iTeroとドクター イメージ

デジタルデータを採取しコンピュータでシミュレーションするとはいえ、どこで受診しても同じではなく、最後にものを言うのは長年培った医師の経験や技術です。

当院はインビザライン認定プラチナプロバイダーとして経験豊富なドクターがデータをもとに歯の細かな位置づけや動かす順番・スピード、アタッチメントの形や位置を個別に調整し、綿密な治療計画を設計いたします。

iTeroムービー(BGMあり)

英語ですが、iTeroをどのように使うかわかりやすい公式ムービーです。